11770019-2.jpg
photo by Kana Tarumi

Kei Owada  大和田 慧

BIO in English

シンガーソングライター、作詞/作曲家。東京出身。

ソウルミュージックとキャロル・キングらに影響を受けた音楽性と、深いまなざしを持つ言葉で、静かにその世界へ引き込んでいく。透明で繊細な歌声はやさしく、ソウルフルに心に触れる。東京を拠点に定期的に渡米。NYとLAでもライブ、レコーディングを行い、2014年アポロシアターのアマチュアナイトに出演、TOPDOG(準決勝)まで進出。楽曲ごとに多様なストーリーをみせ、NHKみんなのうた「まどろみ」を手がけるなど、映画のような世界観が支持されている。

MONDO GROSSO、Tokimeki recordsなど様々なアーティストの作品に参加。近年は「偽りのシンパシー (Vocal アイナ・ジ・エンド)」など、作詞、楽曲提供などクリエイションは多岐に渡る。宮川純ら実力派プレイヤーとのライブパフォーマンスも注目され、2021年6月、コロナ化で制作してきた最新EP「LIFE」をリリース。丸の内Cotton Clubにてリリースライブを開催した。

 

▶︎instagram

▶︎twitter

▶︎大和田慧 WORKS(featuring参加/楽曲提供)

B I R O G R A P H Y

東京生まれ。音楽好きの父の影響で、60〜70年代の洋楽に親しんで育つ。映画をきっかけに14才からゴスペルを歌い始め、ソウル・ミュージックにのめり込む。Carol KingやJoni Mitchellに憧れて17才から曲作りを始める。早稲田大学第二文学部卒業後、バンドなどを経て、2012年にセルフプロデュースによる1stミニアルバム「5 pieces」をリリース。都内を中心にニューヨークでも活動。

2014年

ニューヨーク(NY)の殿堂アポロシアター・アマチュアナイトでオリジナル曲を歌い、TOP DOG(準決勝)まで勝ち進む。同年、全NYレコーディングの2nd ミニアルバム「A Part Of Me EP」をリリース。国内では、motion blue単独公演、Billboard Tokyo、佐藤竹善氏をゲストに迎えて札幌シティジャズに出演。​

2016年

フルアルバム「touching souls」リリース。広沢タダシ、松本圭司らが参加。さかいゆうCotton Club公演 “RESPECT Vol.2” にゲストボーカルとして出演。ツアーに参加。

2017年

大沢伸一氏のプロジェクトMONDO GROSSOのアルバム「何度でも新しく生まれる」に「SOLITARY」のボーカル、作詞、共作曲で参加。FUJI ROCK ’17出演。以降も制作に参加するようになる。

2018年

NHKみんなのうたのために書き下ろした「まどろみ」をプロデュースに Jon Brionを迎え、ロサンゼルスでレコーディング。みんなのうた2018年6-7月の曲として2ヶ月間オンエアされる。7月にシングル「まどろみ」(3曲入り)をリリース。収録曲「I'll Be Ther」がNNNストレイトニュースのウェザーテーマになる。

作詞を担当したMONDO GROSSO「偽りのシンパシー (vocal: アイナ・ジ・エンド)」がTBS系火曜ドラマ「きみが心に棲みついた」挿入歌となり、好評を得る。

2019年

3年ぶりのアルバム「シネマティック」リリース。Jon Brion、Shingo Suzuki(Ovall)、Michael Kaneko、小西遼(CRCK/LCKS)らが参加。収録曲「Closing Time」は清原翔が主演のショートフィルム形式のMusic Videoを公開。

2020年

2月、ライブアルバム「Come Alive : Cinematic Live in Tokyo」リリース。宮川純、吉田サトシ、伊吹文裕、越智俊介、小西遼が参加。

「Closing Time」がテラスハウス42話で使用される。

キーボーディスト宮川純をプロデュースに迎え、新プロジェクトを開始。コロナ禍に書き上げた賛歌「Life」、WONKの荒田洸を共同プロデュースに迎えた「You will never lose me」、「Switch」を3作連続配信リリース。

2021年

6月、ミニアルバム「LIFE」をリリース。宮川純、荒田洸(WONK)、角田隆太(モノンクル)、吉田サトシ、伊吹文裕、越智俊介(CRCK/LCKS)らが参加。表題曲「LIFE」を始め、今を共にいきるすべての人へ肯定的なメッセージを込めたている。収録曲『Seasons』は9つのSpotify公式プレイリストに入り注目される。丸の内Cotton Clubにてリリースライブを開催。