ABOUT

Kei Owada

大和田 慧

Singer Songwriter,

Lyricist /Composer

BIO in English

シンガーソングライター、作詞/作曲家。東京都出身。

繊細で透明感がありながらソウルフルな歌声、深いまなざしで作品を発表し続け、静かにその世界へ惹き込んでいく。映像的なソングライティングを得意とし、楽曲ごとに多様なストーリーや世界観をみせる。根底には常にソウルミュージックCarole KingなどのSSWの影響があり、音楽による心の解放や高まりを目指している。

近年は、MONDO GROSSOをはじめ様々なアーティストの作品への参加、NHKみんなのうた「まどろみ」、「TERRACE HOUSE」でもフィーチャーされた「Closing Time」などでも注目される。楽曲提供やCM歌唱、アートや映像とのコラボレーションも積極的に行なっている。

東京を拠点に活動し、定期的に渡米。NY、LAでライブやレコーディングを行い、アポロシアター出演経験をもつ。

 

 

BIROGRAPHY

音楽好きの父の影響で、60〜70年代の洋楽に親しんで育つ。

映画で観たローリン・ヒルに憧れ、14才からゴスペルを始め、17才から曲作りを始める。

早稲田大学第二文学部卒。2012年より活動。セルフプロデュースによるミニアルバム「5pieces+1」をリリース。

2014年、NYの殿堂アポロシアター・アマチュアナイトに自作曲のパフォーマンスで、TOP DOG(準決勝)まで勝ち進む。同年、全NYレコーディングの2ndEP「A Part Of Me EP」を発売。国内では、motion blue単独公演、Billboard Tokyoに出演、佐藤竹善氏をゲストに迎えて札幌シティジャズに出演。

2016年、渾身のフルアルバム「touching souls」を発表。

2017年にMONDO GROSSOの14年ぶりのアルバムに「Solitary」のボーカル、作詞・共作曲で参加し、制作に関わり、FUJI ROCK ’17にも出演。松本圭司、さかいゆう、熊木杏里らの作品やライブへの参加。

作詞を担当したMONDO GROSSO「偽りのシンパシー ( vocal: アイナ・ジ・エンド)」はTBS系火曜ドラマ「きみが心に棲みついた」挿入歌として好評を得る。

2018年、ロサンゼルスにて念願のプロデューサー Jon Brion(映画「マグノリア」、フィオナ・アップルなど)とのレコーディングが実現。6月〜7月、書き下ろし曲 NHKみんなのうた「まどろみ」が放送される。「I'll Be Ther」がNNNストレイトニュースのウェザーテーマになる。

2019年6月、Jon Brion、Shingo Suzuki(Ovall)、Michael Kaneko、小西遼(CRCK/LCKS)らを迎えた3年ぶりのアルバム「シネマティック」を発売。NHK連続テレビ小説『なつぞら』柴田照男役で注目された俳優・清原翔をフィーチャーした、本格ショートフィルムMV「Closing Time」を公開し、話題となる。

2020年2月、ライブアルバム「Come Alive : Cinematic Live in Tokyo」リリース。4月、「Closing Time」がテラスハウス42話でフィーチャーされ、話題となる。

12月に一年半ぶりの新曲「Life」リリース。

2021年、2月に「You will never lose me」をリリースする。

© 2020 by KEI OWADA.  シンガーソングライター 大和田慧 official website